KOBE MOTOMACHI 1st STREET 神戸元町1番街

1番街店舗検索
イベント情報
  • 水曜市
  • 夜市
  • ミュージックウィーク
  • もとずきんちゃん
  • もとまち川柳コンテスト
  • お茶会
  • ハートフルセレクション
  • 注目!元町1番街この店この一品
ホンモノ志向の根っからの神戸人が集まる街 神戸元町1番街
2016年05月09日

根付

まだ、日本人がみんな着物を着ていたころ、男性が印籠や煙草入れなどの提げ物を、帯から落ちないように紐の先に付けたのが根付。
洋装になって、ポケットになんでも入れるようになって、その用途がなくなって、根付は日本の日常から消えて行ったのですが、洋服と同時に日本にやってきた欧米の人たちに、その繊細でち密な細工の小さな芸術品が大変な人気を得たことで、日本の国内にほとんど需要がないにもかかわらず、その技術は細々と生き延びて、現代でも根付作家が伝統の芸術的技術を伝えています。

と、いうことを、つい最近知りました!


私たちに、根付に興味を持つきっかけをくださったのはヴァイオリニストの立花礼子さんです。
先日の神戸新聞でも紹介されましたが、「まるたやフレンドリーコンサート」で、「NETSUKE」という曲を演奏してくださいました。

立花さんは、塩屋にあったジョネス邸の保存運動がきっかけで、貿易商として神戸経済に貢献したフランク・ モーリス・ジョネス氏を調べるうちに、ジョネス氏が根付の蒐集家であったことを知り、さらに、「NETSUKE」というヴァイオリンとピアノのために書かれた曲に出会い、演奏するに至ったのです。

そして、新聞記事を読んでそのコンサートを聴きに来てくださった方のお一人が川本泰子さんでした。
「私も、根付を作っているのです。」と仰るので、立花さんにお引き合わせしたところ、お話が弾み、
「是非!」と、一昨日、弊店で作品を見せていただきました。

こちらは、その中の一つ「亀」



柘植の木を彫刻刀で削って造られたものですが、
甲羅のデコボコ感、皮膚のざらざらした様子、少しひっこめた首の感じ、まるで生きているようです!


立花さんは、かねてより、「根付が本来使われていた姿で見てみたい」と仰っておられて、矢立(携行用の筆入れ)をご持参くださいました。

お二人お立会いの下、息子の腰を借りて、装着の再現をやってみました!





女性の帯留どころではない、存在感!!face08
そしてなんともかわいい~~~face05

さらに、根付は、かわいいだけではなくて、その小さな世界に物語や、訓話や、洒落などをひねりたっぷりに表現していて奥が深い・・・
江戸時代の男性が、根付のオシャレにはまる気持ちがとってもよくわかる!!と思ったのでした。

今の時代なら、提げて歩きたいものは、スマホかな~?
印籠のように、スマホを、根付でとめて角帯の下に提げて歩く・・・なんか、良いかも~~face06と、想像してしまいました~!face02


5月25日から29日には兵庫県立美術館で川本さんも習っておられる教室の作品展もあるようです。
弊店でも皆さんにご覧いただけるような機会を計画したいと思案中です!


<追記>
後日談として、矢立を貸してくださった方から、
「矢立は根付けで下げたとしても、ぶら下げたスタイルでは持ち歩かない。長いし重みもそこそこあるから、
かえって邪魔になるので、帯に挿して携帯するよ。」と、ご意見を頂きました。なるほど・・・face06







同じカテゴリー(男性向けの着物)の記事画像
ホームページ定期更新です☆
新作!オリジナル浴衣入荷☆
「特集 男の着物」開催中!
特集 男の着物
春の木綿着物フェァー開催中です
「龍田屋 結城紬展」明日からスタートです!
同じカテゴリー(男性向けの着物)の記事
 ホームページ定期更新です☆ (2017-08-01 17:12)
 新作!オリジナル浴衣入荷☆ (2017-04-16 13:35)
 「特集 男の着物」開催中! (2017-04-14 17:13)
 特集 男の着物 (2017-04-10 16:15)
 春の木綿着物フェァー開催中です (2017-03-04 17:37)
 「龍田屋 結城紬展」明日からスタートです! (2017-01-18 18:01)
Posted by 神戸・元町丸太や at 01:33 男性向けの着物着物ファッションコメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
プロフィール
神戸・元町丸太や
神戸・元町丸太や


家族全員が楽器を演奏しております。演奏会も開催しております。日本が誇る伝統技術と楽器をモチーフにした商品は皆様に非常に喜んでいただいています。一品一品が逸品である自信があります。皆様のご来店を心待ちにしております。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
ページトップへ